京王線 千歳烏山駅徒歩1分
酸素カプセル・ボディートリートメント・フェイシャル・岩盤浴・
ハーバルスチーム(よもぎ蒸し)・ジェルネイル のサロン



*** よくある質問(FAQ) ***

酸素カプセルとはなんですか

酸素カプセルとはなんですか

a0800_000891_m.jpg
酸素カプセルとは、日常生活で摂取できる酸素より高濃度の状態で酸素を体内に取り込むことのできるカプセルです。呼気だけでは摂り入れることのできない「溶解型酸素」を多く摂取することができます。

入ることでどんな効果がありますか

入ることでどんな効果がありますか

a0800_000880_m.jpg
酸素カプセルに入ることで、美容や健康などの面でさまざまな効果を期待することができます。溶解型酸素が細胞のすみずみにまでいきわたりますので、細胞が活性化されることにより、疲労回復や二日酔いの解消にも効果があります。怪我の回復を助ける働きもあります。また細胞のすみずみにまで酸素がいきわたることで、冷え性の改善、活性酸素の除去が期待でき、脂肪の燃焼効率のアップ、代謝アップによる美肌効果などの美容効果も期待できます。

酸素カプセルは安全ですか

酸素カプセルは安全ですか

a0011_000301_m.jpg
酸素カプセルは、実は100年以上の歴史があり、医療機関でずっと利用されてきました。高気圧になることによる安全性を不安に思う人もいると思いますが、酸素カプセルの気圧は1.3気圧、水深に直すと3m程度なので、体に大きな負担を与えることはありません。また、当サロンが使用しているカプセル「OasisO2」はアメリカ軍事用開発企業とNASAによる技術提携によって完成した装置であり、厳しい品質テストもクリアしており、安全性が証明されています。

酸素セラピーや酸素バーとは違うのですか

酸素セラピーや酸素バーとは違うのですか

a0001_000206.jpg
酸素カプセルは、呼気では取り入れることのできない「溶解型酸素」を摂り入れる、ということが目的になります。溶解型酸素は分子構造が小さいため、呼気から取り入れた酸素では通れない細い毛細血管も通ることができます。そのため、細胞のすみずみにまで酸素を届けることができるのです。そこが、呼気からの酸素を摂取する酸素バーなどとは違うところです。

溶解型酸素とはなんですか

溶解型酸素とはなんですか

a0800_000891_m.jpg
人間は酸素を体内に取り込んで活動していますが、その酸素には大きく分けると2種類の酸素があります。1つは呼気から取り入れられる酸素のことで、これを「結合型酸素」といいます。もう1つは血液や体液の中に分子のままで溶け込んでいる酸素のことで、これを「溶解型酸素」というのです。この溶解型酸素はサイズがとても小さいことが特徴で、結合型酸素が通ることのできないような毛細血管のすみずみまで通り抜けることができる酸素なのです。ということで、これを多く取り入れれば、体の隅々にまで酸素を届けることができる、という性質があり、酸素カプセルはこの特徴を生かして体に酸素を多く取り入れることができるのです。

酸素カプセル内の気圧はどの程度ですか

酸素カプセル内の気圧はどの程度ですか

a0800_000880_m.jpg
酸素カプセル内の気圧は、1.3気圧とされています。これは水深に直すと約3m程度の気圧と同じであり、赤ちゃんがお母さんの胎内にいるときとも同じ気圧だといわれています。そのため、体には大きな負担をかけることなく、通常よりも多くの酸素を体内に取り込むことができる状態だとされているのです。

酸素カプセルにはどのように入るのですか

酸素カプセルにはどのように入るのですか

a0011_000301_m.jpg
酸素カプセルに入るためには、特別な準備はいりません。服を着たまま、カプセルの中に横になるだけです。そのため、仕事帰りなどでも気軽に利用することができるのも人気の一つです。

耳抜きはどうしたらいいですか

耳抜きはどうしたらいいですか

a0001_000206.jpg
酸素カプセルでは、気圧を上げていきますので、その際にエレベーターに乗ったり、飛行機に乗ったときのような違和感を耳に感じることがあります。それを解消するために、耳抜きを行いましょう。耳抜きとは、鼻と中耳をつなぐ管を開く動作のことです。唾液を飲み込んでみたり、あくびを大きくしてみたり、鼻をつまんで力を入れてみたり、といういくつかの方法が考えられます。自分に合った方法で耳抜きを試してみてください。また、どうしても痛みが取れない場合には、スタッフに声をかけてみてください。

何分くらい入るものですか

何分くらい入るものですか

a0800_000891_m.jpg
酸素カプセルは、その利用が30分程度を過ぎると、溶解型酸素が体内で多く発生するとされています。ですから、45分~60分程度利用されると効果を実感することができるでしょう。疲労を強く感じる場合や、怪我の回復のために利用する場合には、通常の利用よりも長めに利用することが効果的とされています。

酸素カプセルに入っている間はなにができますか

酸素カプセルに入っている間はなにができますか

a0800_000880_m.jpg
酸素カプセルの中では、火気を使うこと以外は好きなことができます。たとえば音楽機器などを持ち込んで音楽を聴くこともできますし、読書も、携帯電話の使用も可能です。リラックスした状態で過ごすのが一番とされていますので、中で眠ってしまう、という人も多いようですが、自分にとってリラックスする方法で過ごすとよいでしょう。

緊急のときはどうすればいいですか

緊急のときはどうすればいいですか

a0001_000887_m.jpg
酸素カプセルを利用しているときに、緊急のことがあったらどうしよう、と不安に思う人もいらっしゃると思います。酸素カプセルいに入る際には、ベルを持って入っていただいております。緊急の際(急にトイレに行きたくなった、気分が悪くなった、等)にはこのベルを鳴らしていただくと外に聞こえるようになっていますので、すぐにスタッフが伺い、減圧していきます。また、酸素カプセルは一人でも利用できる装置ですから、中からの操作も可能です。万一のときは中からの操作で減圧し、外に出ることもできます。

怪我していても効果があるのですか

怪我していても効果があるのですか

a0011_000301_m.jpg
酸素カプセルは、溶解型酸素を多く体内に取り込むことができる装置ですから、怪我の回復にも大きな効果があるとされています。有名なスポーツ選手も、骨折の治療のために酸素カプセルを毎日利用していたということが大きく報道されましたね。細胞を活性化させるのに酸素は重要な役割を果たしていますので、怪我の治療のためには酸素カプセルは大きな効果があるといえるのです。

どの程度のペースで入るといいのですか

どの程度のペースで入るといいのですか

a0555_000005_m.jpg
酸素カプセルの効果は、3日程度持続するといわれています。ですから、効果的に利用するためには、72時間以内に再度利用するのが理想的でしょう。ただし、このような持続期間だけにこだわる必要はそんなにありません。疲労を強く感じたときに利用するなど、自分の体調や実感に合わせた利用が一番効果的なのではないでしょうか。

酸素カプセルに入れない人はいますか

酸素カプセルに入れない人はいますか

000195_li.jpg
酸素カプセルの利用については、入ってはいけないとされている状態や疾患がいくつかあります。入ってはいけないとされている人としては、妊娠中の人・妊娠の可能性のある人、糖尿病でインシュリンを投与している人、風邪などにより鼻が詰まっている人、心臓が弱くペースメーカーを利用している人、耳抜きができない人、などがあげられます。その他、高齢者や閉所恐怖症の人、気圧の変化に弱い人、アレルギー体質の人などは、医師やスタッフと相談の上利用するようにしましょう。

会社帰りに寄りたいけれど、スーツで大丈夫ですか

会社帰りに寄りたいけれど、スーツで大丈夫ですか

a0027_001526_m.jpg
新生堂O2サロンでは、酸素カプセルはもちろんのこと、リフレクソロジー、岩盤浴など全てにおいて無料でのお着替えを用意しております。会社帰りにお気軽にお立ち寄りいただき、ぜひご利用ください。